保険会社との交渉

交通事故が発生した際に、弁護士へ依頼するメリットはたくさんあります。特に多いのは、保険会社との交渉でしょう。交通事故で保険会社から賠償金を支払ってもらう場合には、被害者が加害者の加入している保険会社と交渉をすることになります。しかし、保険会社は交渉に慣れているので、被害者への支払いを減らすために、被害者にも非があったのではないかと言ってくるのが一般的です。

そこで重要なのが弁護士の仕事内容なのですが、弁護士に依頼することで、交渉がかなり有利になります。なぜなら弁護士に依頼すれば、裁判基準で保険料をもらうことができるのです。この交渉をするのが弁護士の仕事なので、保険会社との交渉で弁護士へ依頼する人が多いと言えるでしょう。もし裁判になってしまうと、保険会社も損をしてしまいます。

そのため、弁護士が交渉に来ることで、保険会社は被害者の要求を呑むケースが多くなっているのです。そこで重要になるのは、いつ弁護士に依頼をするのかという点なのですが、保険会社との交渉が開始されてから依頼するのではなく、交渉前に依頼しておくのがよいでしょう。そうすれば納得のいく保険料がもらえなかった場合、依頼した弁護士に交渉してもらうと言えるからです。