加害者との示談交渉

交通事故の際に弁護士が行う仕事内容は、保険会社との交渉だけではありません。他にもいろいろな仕事を行っています。例えば加害者と示談交渉を行い、トラブルが激化しないように努めていくのも弁護士の業務です。被害者と加害者が直接交渉をすると、被害者が感情的になってしまう傾向にあります。そうすると加害者の方も感情的になるので、うまく交渉ができなくなることもあるでしょう。

しかし、弁護士が仲介に入ることで、冷静に法律に則った交渉ができるようになるのです。もちろん被害者が不利になることもありません。このような交渉全般が弁護士の仕事になるのですが、場合によっては裁判になるケースもあるでしょう。裁判になった場合、弁護士の力量がかなり影響してしまいます。だからこそ交通事故に詳しい弁護士への依頼が重要になります。

他にも交通事故に関連した手続きなどの方法も指導してもらえます。代わりに手続きをしてもらえる内容もあるので、被害に遭ったらまず弁護士に相談することが重要です。たとえ加害者との交渉がうまくいき、しっかりと反省していたとしても、弁護士への依頼は欠かせないでしょう。まず何をしてよいのかわからない被害者も多いので、このような相談も弁護士は受け付けているのです。